« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

情勢変化?

こんにちは。

先日の三国合同会議を受けて、織田家会議がありました。

結果は上杉さんから要請のあった北条さん挟撃案を受ける形で北条さん侵攻に決定。

昨日のメンテで友好から中立に関係が悪化しましたね!

ただ、北条さんとの敵対を狙っている伊賀さんと北条さんの関係が敵視まで関係悪化したので、近いうちに敵対になるかもしれません。

伊賀さんに使者派遣するなりして敵対を貰える様なことはできないかなぁ。

取引材料がありませんが、、、

さて、話は変わりますが織田会議で当家と敵対同盟関係の雑賀さんから使者が来られました。

内容は対足利さんとの合戦が苦戦続きなので援軍移籍をお願いできないかとのこと。

ただ、雑賀さんの最近の過去4回の合戦結果(対足利戦)をみると、

6/27週 2勝5敗4分

8/8週 0勝9敗2分 

10/10週 4勝1勝6分

11/7週 5勝1敗5分

苦戦というよりも有利に進めているよう、、、

なぜこの話題を持ち上げたかというと、敵対同盟ってそれが成立してる時点でお互いに挟撃される心配がないということで、貸し借りというか特に義理みたいなものはないと思うんです。

それが今回のように、敵対同盟国が滅亡する危険もない状況で、援軍という形で西国の合戦に軍事介入することは西国のパワーバランスを崩すことにもなるし、これまで雑賀・足利双方で頑張ってこられた方の気持ちを思うと・・・。

もちろん、あくまで個人的に雑賀さんに移籍して合戦なりに参加するのは自由です。

ただ、明らかに織田のPCであると分かる方が雑賀さんの合戦で旗で名前が載れば、雑賀さんの敵である足利さん、足利さんの同盟国には当家に対して敵対意識を持たれ、結果的に斎藤家・北条家・武田家の敵側に追い込む形にはならないか危惧されます。

個人的には今後、織田家として公に援軍を推奨するようであれば反対していきたいです。

され、今回のメンテのトピックスは

①茶会がパワーアップ

②徳川家と斎藤家の敵対解除

③②の結果、小牧山が消滅して三国峠が3VS3の大合戦

④拡張パックの発表会開催

①はパワーアップというよりただのテコ入れのようなきがヽ(`Д´)ノウワーン

一応、茶器の材料は加工してありますので近いうちに開催!

②は今後このまま敵対が解消され徳川家は武田家と敵対になり、斎藤家がスイス化になるかどうか熾烈な外交戦が!

③は織田&徳川のみなさんは援軍がんばろう!

④は12月16日に恵比寿ガーデンプレイスで開催されるようです。参加する気はありませんが内容については大いに興味がありますね!

さて、ここからはゲーム内の近況。

ようやく職人装備が安くなったので平の懐剣職人装備を揃えて岩斬りをノック。

こ、これは!

かなり効果ありますね!

平君にしてはいい出来です(≧∇≦)b

いい物はとりあえずトントンに。

その他は市に並べてあるのでご覧ください。欲しい物があればお安くしますよ( ゚Д゚)

そんな平君が先日空2へ到達。

初空2狩りで雫(σ゚∀゚)σゲッツ!!

おまけに60才に。

それにしても鍛冶の空2勧誘はすごいですね((;゚Д゚)ガクガクブルブル

検索文から消したい気分です(ー_ー;)

では今日はこの辺で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三国合同会議

こんにちは。

先日、織田・上杉・徳川の同盟国3家による初めての合同会議が那古野で行われました。

参加者はMAXで230人くらいだったでしょうか。

Nol07110300

現状の情勢は、織田家の敵対枠は敵対同盟の雑賀衆、空いている枠は武田家侵攻狙い。上杉家は敵対同盟の浅井家と、三国峠で争っている北条家。徳川家は敵対同盟の朝倉家と、小牧山で争っている斎藤家。

三国峠は当初の苦戦から一転、粘り強さが功を奏して有利に進展(前回は6勝0敗5分)。一方の小牧山は徳川家が除々に苦戦を強いられてる状況(前回は2勝5敗6分)。

そして織田家は迷走中…

イヤ━━━━━(*゚∀゚*)━━━━━ン!!!!

こんな状況で迎えた合同会議。

議題は今後三国でどのように連携を取って斎藤・北条・武田の3国に対していくか。

3国の立場をざっと言いますと。

織田家=斎藤・北条・武田のいずれかとの開戦を希望。

上杉家=北条戦が有利に推移してることもあり、挟撃を希望。

徳川家=対斎藤との合戦が苦戦、3国では一番戦力が低いため斎藤敵対解除を希望。

簡単に言うとこんな感じ。

現状、挟撃が可能なのは北条家。

斎藤家は今川家と敵対同盟を組んでいるため挟撃不可。

武田家は三好と敵対同盟。足利家と暫定敵対状態。

織田家がとる道としては、①上杉家の挟撃案の受諾。もしくは、②徳川家から斎藤家の敵対を貰うといったところが現実的な方向。

①は北条家が敵対同盟を組まない限り非常に有効な侵攻先。

②は織田が斎藤敵対をとった場合、現在徳川敵対を狙っている武田家との開戦が濃厚。ただし、この場合1国VS1国という状況になり挟撃しない限り滅亡、あるいは敵属国の陥落を目指すのは仕様上非常に困難に陥る。

やはりこうして考えてみると北条挟撃案が最も有効。

ただ、徳川家は斎藤敵対を維持することに難色を示しているのが現状。

理由は元々、斎藤家を滅亡させるために織田からの依頼で挟撃を開始し、当時滅亡寸前で斎藤家が足利家と敵対になる可能性(つまり挟撃の回避狙い)があり、最終的には徳川家に美濃陥落を依頼(当時、当初は徳川家は会議で美濃陥落を拒否)したという経緯があり、斎藤復興後に挟撃が不可(斎藤は今川と敵対同盟)な現状も引き続き徳川が敵対維持をするのは道理にあわない。本来は織田家が取るべき。

この経緯は織田の人も知らない人が多く、美濃を陥落させた徳川家に不満を感じている人が意外といますが、筋違いなのは明らか。個人的には斎藤家が復興した場合は織田が敵対を維持するといったアフターケア外交を行わなかった織田に非があるかとは思います。(実際ははじかれちゃったんですけどね…)

ただし、徳川家も斎藤復興後は小牧山を有利に展開させていたこともあり、侵攻は斎藤家を選択していた経緯があり、小牧山における戦いぶりもホスト国としてはちょっとずさん。結果的に織田の援軍が少なくなり除々に苦戦を強いられるようになり、負け始めると斉藤敵対に不満を言い出すのはいかがかというのが織田側からの見解。

会議中、おいらは織田の私設と上杉の私設に参加して、知人が徳川家の私設に参加していたこともあって、それぞれの私設における3カ国の本音を耳にしていたんですが…。当日の会議でも徳川家に対する不満が…一方の徳川家は弱腰…。

ゲームなんだし、あんまり深刻に考えずノリでいけないかとふと思い。

ぶっちゃけると

上杉さん:北条さん挟撃よろしくww

織田さん:おkww

徳川さん:斎藤とがんばってみるから北条とがんばww

徳川さん:ちょww挟撃まだかよwwうち滅びそうwww

織田上杉:わろすww復興はいくからもうちょいがんばww

徳川さん:うほww滅亡しちゃったww復興戦よろwww

織田上杉:おkwww挟撃たのしすww遠江(σ゚∀゚)σゲッツ!!

徳川家:復興戦さんくすwwちょっと遠征で今川侵攻いくわwww

織田上杉:おkwww

こんなノリではいけませんか…。すいません。

結局結論は出ずに、各家が宿題持ち帰って会議を開いて、再度三国で話し合いをするという流れに。

お疲れ様でした(≧∇≦)b

番外編。

地味の育ててるトントンロゼさん。

四神いってまいりました。

Nol07101800 Nol07101801

Nol07101802 Nol07101803_2

ぱんつくんと共演。天下でました(≧∇≦)b

☆での出来事。

Nol07102000 とらっこさんに変な頭巾。

貧乏なとらっこさんに救いの手なのか…

うおくんの根国の輝石のための鳴雷&若雷での出来事。

若雷と戦闘開始。

はるっこがいない((;゚Д゚)ガクガクブルブル

岩の裏でねおちのはるっこ。

Nol07102700 Nol07102703

たたずんでました・・・。

では今日はこの辺で。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »