« 2009年10月 | トップページ

新星の章

某サイトの信長の野望オンラインのインタビュー内容を参考に新星の章導入の内容と導入時期のポイントを整理してみました。

〇天下人システムでの合戦仕様の変化

今までの国境での合戦から、これからは城砦を奪い合う合戦と、城砦の合間にある拠点で戦う「拠点戦」が行なわれる事になる。

基本的には城砦と城砦の間で「拠点戦」を戦いつつ、「陣取戦」、「大決戦」、「陣取大戦」で城砦の所有が変わる。

また勢力には本城があり、本城が攻め取られると滅亡。

遠征して負けると、遠征の本拠地となる同盟国の城砦にも、何らかの影響を与える。

〇国勢、外交関係

敵対、同盟のそれぞれの枠は当面は従来どおり2カ国ずつ。

Q:新仕様が入る事で、今ある勢力図はリセットされるのですか?

A: 現在行なわれている事は、新しいシステムになんらかの形で反映させていこうと考えています。今まで積み重ねてきたものを無駄にはしないようするつもりです。

Q:では、新合戦は全てのサーバーが同じ状態からスタートという形にはならないのですか?

A:そうはなりません。ここは断言しておきます。

〇ギルドシステム「一門」

レベルが上がると「一門所領」を持てて、そこでものを育てたり、「一門」用のショップでアイテムを買ったりする事ができるように考えています。「一門」は12月のアップデート「一門の刻」から入り、「一門所領」は「新星の章」からを予定しています。

Q:「一門所領」の生産や加工では何が作れるのですか?

A:基本的には「一門」のステータスにつながるようなものを考えています。将来的には武器や防具も考えてはいます。

Q:「知行」とは別ものなのですか?

A:グッと敷居が下がる形になるとは思います。あとは「一門所領」を更に発展させるために使用するものも生産できるようになります。

A:基本的な考え方としては、「一門」の活動に使われるものを「一門」のコンテンツから手に入れるという形です。

Q:では、生産に必須の材料などは出ないのですか?

:生産材料も入手できるようにはしたいなと考えています。ただ一門にはいらなければゲームができないという形にはしたくありませんから、当然、他の入手方法も用意します。いずれにしろ、一門所領を発展させることは、天下統一のための近道になると思います。

〇多人数で攻略するチャプター制の侵攻型ダンジョン「独眼竜の野望」

Q:今回の新型侵攻ダンジョンはチャプター制という事ですが

A:少しずつストーリーを展開させていくことで、プレイヤーの皆さんがその話題で1つにつながっていけるという部分が大きいと思います。

Q:どの程度のチャプターを考えていますか?

A:それはまだお答えできませんが、今の大型アップデートに近い形で1つずつ出していく予定です。

Q:チャプターごとに新しいダンジョンが追加されていくのですか?

A:基本はその形です。新しいダンジョンで、新しいストーリーが進行していくという形です。

Q:ダンジョンはインスタンスダンジョンになるのでしょうか?

A: そうです。でも今までは徒党単位という形でしたが、もう少し広げて「一門」単位での攻略を考えています。

Q:雰囲気としては、大人数で攻略する、いわゆるレイドダンジョンのようなものですか?

A:そうですね。なるべく同時に何かをやるというものではなく、ある程度時間のずれを許容するような攻略の仕方ができれば楽しいのではないかと思います。

Q:「高千穂」のようにはならないという事ですか?

A: 「高千穂」は同時に何かを、という方向性でしたが、今回は、人数、時間の縛りがゆるいものを考えています。

A:今回は、なるべく多くの方に楽しんで頂きたいので、そういった縛りは入れない予定です。ただ、報酬的な部分で、「一門」でなければ解けないギミックから得られる「一門ポイント」のようなものは考えています。もちろん、ストーリーを進めるために必須なものにはしません。

Q:新しいダンジョンで新しい「神秘石」のような物は出るのでしょうか?

A:名前はまだ未定ですが、ある程度は装備を強化するための材料は出ます。でも経験値もお金も全てがそこだけで貯まるようにはしないように考えています。

〇新装備箇所、新装備、目録など

Q:新しい装備箇所が増えるという事ですが、どのような物が入るのですか?

A: そこは今後の発表にご期待頂きたい部分ですが、生産品と言うよりは、どちらかというと「紋」に近いイメージになります。

Q:追加される目録は「上位目録」と「特化目録」の両方になるのでしょうか?

A: 今はまだ調整中ですが、プレイヤーの皆様が最も気にされるところだと思いますので、ギリギリまでバランスを突き詰めたいと思います。そこについても、もう少し楽しみにお待ち頂きたいです。

Q:発表会では、目録の入手場所はダンジョンに限定しないという事でしたが、どこで入手する事になるのですか?

A:入手場所を複数用意する事で、そこに行けない人も手に入れられるようにします。入手のスピ―ドには差がありますが、別の場所でも蓄積していけばもらえるような形にします。

Q:新しい装備は性能が上がるのですか?

A:もちろん上がります。ただ見た目と能力をある程度カスタマイズできるような事を、これからはさらに進めていきたいと思っています。

A:過去に人気があったけれど、能力的に使えないという装備を、新しく生産レシピに加えてアップグレードバージョンを出したいと思っています。みんなが同じ格好になるのを避けたいという気持ちはあります。パラメーターの制約から着たいものが着られないという問題は、フォローしていきたいとおもいます。

その他

Q:サーバー統合はどのタイミングで行なわれるのですか?

A:新章と合わせて行ないます。

あとがき

一番きになる一門と鯖統合についてですが、今月12月は上記にあったように「一門の刻」として一門の箱モノだけ実装で中身(一門所領など)は新章と同時のようですね。

つまり、新章まで一門の人集めと信オン初のギルドシステムに慣れてください的なtyphoon

鯖統合も新章と同時のようだし、統合っていう言葉を使っている以上、他のオンラインにあるような鯖間移動サービスとは異なり、強制的な鯖合体だと思うんですけど。鯖統合による勢力リセットについても明確にリセットするとは言ってないようなsign02

| | コメント (55) | トラックバック (1)

信オン新章発表!!

めんそーれ。

沖縄から帰ってきました。

あんまり天気がよくなかったcloud

29日に新章の発表会があったそうで。

大きく分けると6つですかね。

①天下人システム

そのなのとおりで天下を統一しやすくしちゃう仕様。

1回統一した勢力はもういいやってなりそうだし、人数の少ない国へのフォローとかあるんだろうか・・・

最終的に同盟国とも戦うことになるのかなぁ。

オフゲの信長みたいに同盟国は滅ぼさなくても天下統一が達成できるようにしてもいいようなきもしますが。

期待度3

②一門

いわゆるギルドシステム。

いまさらかよって感じも否めませんが、ギルドハウスはいいですのう。

ギルド専用ダンジョンとかも実装されればなお良しhappy01

期待度5

③拠点戦

・1時間足らずで決着のつく短期決戦
・集団での連携プレイを実感しやすい30人対30人の中規模合戦
・徒党を組まない「巻き込まれ戦闘」

だそうです。大決戦は廃止してしまへpunch

期待度3

④評定システム

新たなクエストシステム。武将が評定で提案する中から,任意にクエストを選択できる。クエストにはシングルプレイヤー向け,徒党向け,一門向けなどさまざまなものがあり,大きな功を成すと武将との親密度が上昇する。

以前からおもってたけど、このゲームって普段は武将との接点がなさすぎだったのでいいですのう。

期待度5

⑤独眼竜の野望

0171

伊達政宗による天下統一への野望を描く,新たな侵攻型ダンジョンを舞台にしたストーリークエスト。

とうとうというかやっとキター。

仙台出身としてはうれしい実装。

九州が潰れないようにバランスは取ってほしいなぁ。

期待度5

⑥その他

・30巻以上の上位技能目録など計100以上の新技能。

・新強化装備と装備箇所の追加。

・潜在能力。

・生産レシピ。

・両替商の拡張。

まとめて期待度5

↓装備グラが少しでてるSS

0161 0211 0211_2

スケジュール

新星の章以降のアップデートには,チャプター制を導入し,「第1陣 天下への夜明け」を皮切りに,各要素を3回に分けて実装していくとのこと。

2010年3月からの第1陣開始に先駆け,この12月には大型アップデート「一門の刻」を実施し,上記の一門システムを先行導入する。続いて,ワールド移動サービスとワールド統合が相次いで実施される予定。

今月一門実装とな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ